mobileHome

メッセージ

トップメッセージ

「あったらいいな」の製品づくりに、愚直に取り組んでいます。

代表取締役 社長 山口 剛史

 アロエ製薬は、アロエの研究に心血を注いだ間宮敏雄によって、昭和27年、静岡市に誕生した企業です。
 その後、代表製品である「『間宮』アロエ軟膏」に惚れ込んだ小林製薬からの誘いを受け、小林製薬グループの一員となりました。
 平成25年には、将来性を見据えて静岡市から島田市に移転し、最新鋭の設備を持つ生産拠点として生まれ変わりました。
 現在は、「間宮」アロエ軟膏のほかにも、アロエ成分を活かしたアロエ製薬育毛液などの製品や、セナキュア、オードムーゲ、ビフナイト、ヒフミドといった小林製薬ブランドの医薬品、スキンケア製品を多数生産し、順調に売上を伸ばしています。
 私たちは、安心して使っていただく製品をお客様にお届けするため、ハイレベルの品質管理のもとで、愚直なまでのものづくりに取り組み、「あったらいいな」の製品を日々送り出しています。
 アロエ製薬で働きたいと思われる方はぜひ一度、工場を御覧ください。

代表取締役 社長 山口 剛史

コア・コンピタンス(アロエ製薬の強み)

技術
Technology

品質
Quality

スピード
Speed

生産ラインを自前で企画・構築できる技術力
徹底した品質管理から生まれる信頼性と性能
様々な変化へのレスポンスと課題解決のスピード

基本情報

企業概要

アロエ製薬 本社

アロエ製薬の組織

社長

生産管理
グループ

生産
グループ

品質管理
グループ

業務
グループ

調剤
グループ

計画部門
購買部門
物流部門
生産技術部門
製造部門
企画部門
品質管理部門
薬事管理部門
 
総務部門
経理部門
 
秤量部門
調剤部門
 

生産管理グループ

  • 生産管理グループは、計画部門、購買部門、物流部門の3部門から構成されています。
  • 計画部門は、小林製薬からの発注予測にもとづいて社内外との調整を図りながら生産・納品計画を立案する「司令塔」的な役割を担っています。
  • 購買部門は、生産計画に合わせてタイムリーに原材料や委託先の加工を手配し、生産活動を行えるようにする調達業務を担っています。
  • 物流部門は、調達した原材料を生産現場に供給する構内物流と、出来上がった製品をお客様に納入する物流全般を担っています。

生産グループ

  • 生産グループは生産技術部門、製造部門、企画部門の3部門で構成されています。
  • 生産技術部門は、ユーティリティー設備・生産設備のメンテナンスやライン改善・設備導入を担当しています。
  • 製造部門は、医薬品、医薬部外品、化粧品の充填工程、包装工程の製造管理を担っています。
  • 企画部門は、社の成長戦略に沿った戦術を立案し、実行計画を策定してその推進を図る役割を担っています。 とくに、新製品の導入や内製化の導入といった場面では、小林製薬設計部門との技術的な窓口機能を担い、社内のとりまとめを行います。
  • 厳格な管理が求められる医薬品、医薬部外品はもちろん化粧品においても医薬品に準ずる品質の高い製造管理に取り組んでいます。
  • 多品種をスピーディに切り替え、「より良い製品」を「よりタイムリー」に生産できるように取り組んでいます。

品質管理グループ

  • 品質管理グループは品質管理部門、薬事管理部門の2部門から構成されています。
  • 品質管理部門は、製造部門が「より良い製品」を安定して生産できるよう、原資材や製造工程の危険予知、改善計画の策定とその検証を担っています。
  • さらに、製造された商品が問題ないことを証明するために試験、判定を行っています。
  • 薬事管理部門は、製品が適正に製造され、適正な状態で市場で流通していることを管理、保証するためのデータ収集を分析、検証を行っています。

業務グループ

  • 業務グループは、総務部門と経理部門の2部門で構成されています。
  • 事務管理系の役割を担っており、サポート役として工場の円滑な操業をアシストしています。
  • 総務部門は、人事・社会保険関連の手続き、採用関連、情報機器の整備、庶務など業務を担っています。
  • 経理部門は、決算業務、原価計算、業績予測、予算作成、監査対応などの業務を担っています。

調剤グループ

  • 調剤グループは医薬品、医薬部外品、化粧品について原料の秤量工程から調剤工程までの製造管理を担っています。
  • 秤量工程は予め決められた量の原料や原液を量り取る作業となり、調剤工程は予め決められたフローに基づいて秤量工程で量りとった原料、原液を調合する作業となります。
  • 調剤は安定した品質の製品を製造する工場において要の部分であり非常に大きな役割を担っています。

沿革

ヒストリー

間宮製薬時代の製品
  • 昭和13年 1938 間宮敏雄(創立者)アロエの研究販売を始める
  • 昭和27年4月 1952 間宮製薬創立
  • 昭和36年4月 1961 株式会社に改組
  • 昭和40年11月 1965 アロエ製薬株式会社に社名変更
  • 昭和49年1月 1974 静岡市聖一色に本社・工場新設移転
  • 平成18年8月 2006 小林製薬グループに加わり小林製薬(株)の100%子会社となる
  • 平成25年2月 2013 島田市大柳に本社・工場新設移転
アロエ製薬ストーリー

CSR

地域活動

島田市のシンボル・蓬莱橋

アロエ製薬は、静岡県志太榛原地区の美しい自然環境の中で、地域の人たちに支えられながら事業を営んでいます。地域に育てられ、地域とともに成長してきた企業であることをつねに自覚し、今後も地域に根ざした企業活動を続けていきたいと願っています。ふるさとをより住みやすく、より誇れる地域にしたいとの思いから、私たちはさまざまな地域貢献活動に積極的に参加しています。

島田大祭(帯まつり)に協賛

地域を代表する祭り、400年近くの歴史を誇る「島田大祭」に協賛しています。(写真提供:静岡県観光協会)

市民参加イベントを応援

島田市の市民参加イベント「しまだ大井川マラソン」や「大井川大花火大会」に協賛しています。

環境保全活動

消費エネルギーの削減やCO2の抑制、廃棄物の減量化や排水処理による水質保全に努めています。

top